薬剤師の転職選び

ではここからは転職先選びと、注意点をご説明しましょう。

前述したとおり薬剤師の働ける場は多いですが、それぞれの職場での仕事の特徴は様々です。転職を失敗しないためには、次に働きたいと思う職場の状況をしっかりと抑えておくことが大切です。たとえば、薬剤師の求人は多くありますが、病院内で勤務する薬剤師の求人は少ないです。なぜなら競争率が高く人気だからです。そのため求人を見つけて現在の仕事を辞めてしまっても、受かるかどうかは厳しい場合もあるため、病院内の薬剤師への転職は慎重に行ったほうがいいでしょう。またせっかく転職が決まっても、通うことが困難な距離に病院があっては大変です。

薬剤師の求人が多いのはドラッグストアなどです。そのためドラッグストアへの転職ならあまり難しくないでしょう。また全国至る箇所に点在しているので、通勤にも困らないことだと思います。しかしドラッグストアの場合、薬局などに比べて薬剤に特化した仕事ばかりではないので、雑務も兼任することになる場合もあります。転職しやすくても希望する仕事ができないと感じることもあるかもしれません。またドラッグストアも大手企業ばかりではなく、小さな会社もあるため社会保障が充実していないところもあるでしょう。