ではここからは転職先選びと、注意点をご説明しましょう。

前述したとおり薬剤師の働ける場は多いですが、それぞれの職場での仕事の特徴は様々です。転職を失敗しないためには、次に働きたいと思う職場の状況をしっかりと抑えておくことが大切です。たとえば、薬剤師の求人は多くありますが、病院内で勤務する薬剤師の求人は少ないです。なぜなら競争率が高く人気だからです。そのため求人を見つけて現在の仕事を辞めてしまっても、受かるかどうかは厳しい場合もあるため、病院内の薬剤師への転職は慎重に行ったほうがいいでしょう。またせっかく転職が決まっても、通うことが困難な距離に病院があっては大変です。

薬剤師の求人が多いのはドラッグストアなどです。そのためドラッグストアへの転職ならあまり難しくないでしょう。また全国至る箇所に点在しているので、通勤にも困らないことだと思います。しかしドラッグストアの場合、薬局などに比べて薬剤に特化した仕事ばかりではないので、雑務も兼任することになる場合もあります。転職しやすくても希望する仕事ができないと感じることもあるかもしれません。またドラッグストアも大手企業ばかりではなく、小さな会社もあるため社会保障が充実していないところもあるでしょう。

転職を考え始めたら、まずは情報収集から始めますよね。いきなり辞めてしまっても、次の就職先にあてがなければ生活に困ってしまうことも。薬剤師の転職情報は、やはりインターネットだと思います。求人サイトや転職サイトを利用すれば、自分の希望する職種の求人が絞られて検索できるので仕事を探しやすいです。求人サイトや転職サイトも多数あるので、口コミなどを見てサイトを選んでみても良いかもしれません。そのようにある程度転職への準備を済ませてから現在の職場を退職した方がスムーズに転職できるでしょう。

インターネットのサイトを利用する他にも転職先に関する情報を集めるなら、ハローワークに行ってみるのもいいでしょう。公共の職業安定所なので信頼は置けると思います。しかしデメリットとしては一般企業の求人がほとんどなので、薬剤師の求人を見つけるのは大変かもしれません。それよりもお勧めするのがキャリアコンサルタントに依頼する方法です。コンサルタント会社にも得意分野があるため見極めは重要になってきますが、薬剤師専門のコンサルタントなら求人情報のみならず、面接や履歴書のアドバイスも行ってくれます。また料金がかからないのも魅力的です。

働いている方なら、一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。世の中には仕事の種類が数え切れないほどありますが、今回は薬剤師さんの転職についてご紹介します。

薬剤師と言えば、国家試験を受け、資格がないと就けない職業です。現在薬剤師として働いている人は医療関係の中でも多く、就業者も年々増えてきています。しかしまだ薬剤師の数は足りていません。求人を出してもなかなか薬剤師が見つからないようです。そのため薬剤師の求人は多く見受けられます。またどこも優秀な人材が欲しいので給料面でも雇用制度も充実したところが多く、現在薬剤師として働いている方でも転職を考えた場合よりよい環境で働くことができるかもしれません。薬剤師の職場として、病院はもちろん調剤薬局やドラッグストア、また行政機関まで様々なところで活躍できる仕事ですが、医療機関はだいたい人手不足が続いているため、転職を考えているのならチャンスかもしれません。ほかにも薬剤師が活躍できる場は多数あります。企業なら、製薬会社だけでなく食品メーカー、化粧品メーカーと資格を持っていれば有利な職はたくさんあります。

今の仕事に満足していない方、一度辞めたけど復職を考えている方、足りていると思っている方も一度求人を見てみると転職という方法もありかと思うのではないでしょうか。転職先を探す方法も様々です。ここからは薬剤師の転職選びとその方法、また転職先選びの注意点について紹介しましょう。